casino

ギャンブル中毒問題と日本のカジノオープンについて

近日カジノ解禁とIRリゾートのオープンに向けて法案が決定され、施設の設置に向けて具体的な整備が進んでいます。日本は世界のカジノの合法化の流れに乗ることになり、海外のカジノ業界やオンラインカジノ業界、インターネットカジノプレイヤーなどから多くの注目を集めています。世界では国連に加盟している半数以上の国が既にカジノを合法としており、実地のカジノやインターネットカジノが盛んに遊ばれています。

自国で遊べるカジノやどこでも遊べるオンラインカジノは便利ですが、お金をかけて遊ぶギャンブルであるカジノゲームには注意しなくてはならない危険な落とし穴も存在します。その代表的な例はギャンブル中毒問題でしょう。これはカジノリゾート、オンラインカジノを共通して、プレイヤーがギャンブルに過度にはまってしまい精神的、経済的に大きくダメージを受けてしまいながらもそのギャンブルから抜け出せない状況を意味します。

政府はカジノリゾートによる海外からの観光客の増加や日本の経済活性化を望んでいますが、この落とし穴についての具体的な規制は強く求められています。

実際に海外のオンラインカジノサイトなどではギャンブル中毒者を増やさない目的で様々な規制を打ち出しています。その一つにインターネットカジノサイトに登録する際の本人認証を義務化したり、オンラインカジノゲームのプレイ時間やログイン時間をせいげんするなどの施策がなされています。

オンラインカジノと異なり、現在の実質のカジノであるパチンコや競馬などのギャンブルには具体的な規制がないため、その何倍もの大きな規模で行われることになる日本初のカジノ統合型リゾートには厳格で現実的なギャンブル中毒規制に関するルールや施策が必要となります。今後の法案やルールの進展に注目が集まっています。